爪水虫の原因

爪水虫の原因とは?

あなたは爪水虫を知っていますか?

 

水虫というと、足の指にできるイメージがあります。そのため、「爪」の水虫といっても間違っていると思われることも多いですが、爪はご存知の通り皮膚のひとつです。足の指同様の皮膚だからこそ、爪も水虫になってしまうのです。

 

 

では、どうして爪は水虫になってしまうのでしょうか?足の指なども同様ですが、水虫の原因となるのが白癬菌です。白癬菌はカビの一種で、高温多湿の環境を好みます。
まさに、足は靴下や靴を履くことで高温多湿の状態になりがちな部分ですよね。

 

 

白癬菌自体も、そこら中にいるようなカビになるので日本人の5人に1人は白癬菌の保持者ともされているほどです。
白癬菌は、人から人へ感染するものなので家族の誰かが白癬菌を持っていて、その人が裸足で歩いた後には白癬菌がいるわけなのです。

 

白癬菌は、皮膚の角質層にはあるケラチンという成分が好物なので角質層まで白癬菌は侵入して角質層からどんどん増殖していきます。

 

 

 

これは爪も同様で、爪はかたいからカビが侵入するのか、と思う場合もありますが白癬菌は時間をかけて爪にも侵入して、増殖し、そして定住をするのです。
爪水虫が治りにくいとされているのも、かたい皮膚である爪に侵入したものを追い出すのが大変だからなのです。

 

そのため、治療方法は外からの外用薬だと爪に成分が浸透しないため飲み薬で体の内側から白癬菌を退治していく方法が一般的でした。

 

ですが、クリアネイルショットの誕生によって爪水虫へのアプローチ方法が変わりました。

 

クリアネイルショットは、独自の浸透力特化型という特徴をもっていてこの特徴が、通常は成分が浸透しにくい爪にもクリアネイルショットのもっている爪水虫への有用成分がしっかりと浸透していくので、爪水虫を根こそぎ退治することができるものなのです。

 

爪に住み着いた白癬菌は、足指などについている白癬菌よりも定住しやすくさらに繁殖もしやすくなります。
(薬などが浸透しにくいから)そのため、爪水虫は他の人へも感染させやすくなってしまうので爪水虫かと思ったらすぐにクリアショットネイルを試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

クリアネイルショットの詳しい情報はこちら